PR

産経WEST 産経WEST

【アメフット】関学大の反則負傷QB、勝利に貢献 関西学生リーグ初戦

アメリカンフットボール関西学生リーグの近畿大戦で、攻め込む関西学院大のQB奥野耕世選手(3)=25日、大阪府吹田市の万博フィールド
Messenger

 日本大アメリカンフットボール部の悪質な反則行為で負傷者を出した関西学院大が25日、大阪府吹田市の万博フィールドで行われた関西学生リーグの初戦、近畿大戦に臨んだ。社会問題化したラフプレーで負傷した2年生の奥野耕世選手(20)がクオーターバック(QB)として先発。31-7の白星発進に貢献し「緊張はそこまでしなかった。思い切ってやろうと思った」と振り返った。

 一連の問題について「あまり意識しないようにしている」と言う。騒動の影響を感じさせない軽快なプレーで攻撃を組み立て「もっとオフェンスのテンポを良くしないと」と強い意欲を示した。

 奥野選手は5月の日大との定期戦で、パスを投げ終えて無防備な状態で背後から強烈なタックルを受け、腰などに全治3週間のけがを負った。反則を犯した日大選手とは示談が成立しており、競技復帰の意向を示していることに「そういう気持ちになってくれてうれしかった」と歓迎した。

 関学大は昨季、関西学生リーグ2位から勝ち上がった全日本大学選手権の決勝、甲子園ボウルで日大に屈した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ