PR

産経WEST 産経WEST

【大阪ブルース!】半導体では絶対に出せない真空管アンプの音

Messenger

 あるいは「クイーン」のギタリスト、B・メイ。ステージでは英国製VOX社製の真空管式アンプがトレードマークだったというが、スタジオで録音に使っていたのは小型のトランジスタ製アンプ。ベーシストのJ・ディーコンがもともと電子工学の学生で、彼が作ったアンプだという。

 古いハードロックのギターの音色は、意外にも真空管の音ではなかったのだそうだ。

(柿木央久)

 かきのき・てるひさ 昭和42年大阪生まれ。音楽批評家。ボサ・ノヴァとロックが主なフィールドだったが、有山じゅんじやザ・たこさんとの交友をきっかけに関西のブルース・ソウルが主なフィールドに。著書・共著「決定盤 ボサ・ノヴァCD100選」「200ロック語事典」「大阪がもし日本から独立したら」ほか。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ