PR

産経WEST 産経WEST

【将棋】藤井七段が準決勝に進出 報道陣50人詰めかける中、緊張の一戦…ヒューリック杯棋聖戦

里見香奈女流四冠(左)を破った藤井聡太七段=24日午後、大阪市の関西将棋会館
Messenger

 将棋の最年少プロ、藤井聡太七段(16)と女流棋士の第一人者、里見香奈女流四冠(26)が戦う産経新聞社主催の将棋タイトル戦「第90期ヒューリック杯棋聖戦」1次予選2回戦が24日、大阪市福島区の関西将棋会館で指され、82手で後手の藤井七段が勝ち、1次予選ブロック別準決勝に進出した。男女の人気棋士同士の公式戦初対決とあって、大勢の報道陣が詰めかけるなど注目の対局となった。

 この日の対局で集まった報道陣は24社約50人。対局室には藤井七段、里見女流四冠の順で入室し、振り駒で先手は里見女流四冠に決まった。開始まで、里見女流四冠はしきりに扇子をあおぎ、目を閉じて考えている様子。一方の藤井七段は体を動かしながら盤上を見つめていた。

 午前10時、多くのカメラのシャッター音が鳴り響く中、一礼し、対局が始まった。里見女流四冠は得意のゴキゲン中飛車に構え、藤井七段は居飛車で対抗。最近、男性棋士相手に3連勝するなど好調の里見女流四冠は序盤、うまく指し回した。一方、藤井七段は何度か長考する場面が見られ、持ち時間の1時間を先に使い切り1分将棋となった。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ