PR

産経WEST 産経WEST

LINEも京都に…IT企業が関西で拠点拡充、人材確保でサービス強化

Messenger

 東京に本社を構えるIT企業が関西地区のオフィスを増床したり、新たに拠点を設立したりする動きが広がっている。IT関連の人材不足をカバーしようと、関西で優秀な人材を確保してサービス強化を図る。

 ソフトウエア開発会社サイボウズは今月1日、大阪オフィスを倍の広さに増床した。現在約30人が働いているが、事業の成長で今後の増員を見込み、広々とした開発室のほか、カフェスペースも新たに設置した。

 外資系コンサルティング大手アクセンチュアの日本法人も、今年2月に大阪市にある関西オフィスを約5倍の広さに拡充した。人員も200人程度から2年で千人規模にする計画だ。昨年12月に大阪市を拠点とする製薬会社とコンサルティング契約を締結するなど関西での顧客拡大を進めており、その拠点と位置付ける。

 無料通信アプリを手掛けるLINE(ライン)は今年6月、京都市に新たな研究開発拠点を開設した。東京、福岡市に次ぐ3カ所目で、国際的な知名度の高さや大学が多い土地柄を生かし、外国人や学生の採用を積極的に進めるのが狙い。優秀な技術者を集めて人工知能(AI)など最新技術の研究を加速する。

 リクルートキャリアによると、関西でも2年ほど前からIT関連の技術者の求人が目立って増えてきているという。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ