PR

産経WEST 産経WEST

政活費不適切支出 京都の谷川府議、26万円を返還

Messenger

 政務活動費(政活費)の一部に不適切な支出があったとして、市民団体による住民監査請求の対象となっている谷川俊規京都府議=日本維新の会=が平成27、28年度分の一部を不適切と認め、計約26万3千円を府に返還したことが23日分かった。

 府議会事務局によると、谷川氏は15日付で村田正治議長宛てに書面を提出。「政務活動費制度に関する認識・理解が不足し、事務員に事務処理を任せきりにしていた」などとして、修正手続きをするとともに、入院中の体調が回復した後に説明責任を果たすとしている。

 27年度は神奈川県、東京都への事務員の交通費・人件費などの支出で10万3276円を、28年度は福井、広島、兵庫各県で選挙期間中に政務活動とは断言できない支出などがあったとして15万9731円をそれぞれ修正し、22日に納付したという。

 住民監査請求を受け、京都維新の会(日本維新の会京都府総支部)は疑惑が払拭されるまでの間、谷川氏の党員資格を停止する処分にしている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ