産経WEST

【関西の議論】兵庫県で初代知事の伊藤博文像の再建が進まぬ理由 背景に歴史問題も

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【関西の議論】
兵庫県で初代知事の伊藤博文像の再建が進まぬ理由 背景に歴史問題も

 今年で県政150周年を迎えた兵庫県で、明治の元勲の一人で初代県知事(官選)でもあった伊藤博文(1841~1909年)の銅像の再建をめぐって物議を醸している。かつては神戸市内に銅像があり、いまも台座が残るため立地に課題はない。さらに県は150周年の節目として、多くの記念事業の予算を計上し、費用面でも問題はない。銅像再建をめぐっては県議会でも取り上げられるが、県側は静観の構え。なぜなのか。その背景に歴史認識をめぐる、ある国と日本の関係があった。(岡本祐大)

 ■前向きでない知事答弁

 今年6月の兵庫県議会本会議で伊藤博文像に関するやり取りが繰り広げられた。質問に立った高橋充広県議(維新の会)は「県政150周年を迎え、神戸市に初代県庁が復元される。これに合わせて伊藤博文の銅像を再建してはどうか」と提案した。

 しかし、井戸敏三知事は「どこに、どのような銅像を建てるかは、地域の提案や具体的な動きがあることが前提になる」と答弁。再建を否定しなかったものの積極的でもなかった。

神戸市が整備した大倉山公園に残る伊藤博文像の台座=同市中央区 神戸市が整備した大倉山公園に残る伊藤博文像の台座=同市中央区

 高橋県議によると、彫刻家に試算を依頼したところ、「銅製の全身像だと台座も含めて800万~1千万円で制作可能」との回答だった。今年1月の県と議会の会合で、県は「神戸市と協議したい」と前向きだったという。高橋県議は「巨額の費用がかかるわけでもなく、設置場所の問題もない。観光スポットを作るいい機会だと思うのだが」と首をひねる。

続きを読む

このニュースの写真

  • 兵庫県で初代知事の伊藤博文像の再建が進まぬ理由 背景に歴史問題も
  • 兵庫県で初代知事の伊藤博文像の再建が進まぬ理由 背景に歴史問題も

関連ニュース

「産経WEST」のランキング