PR

産経WEST 産経WEST

【プロ野球】阪神、守備の乱れが失点に…3度リードもサヨナラ負け

サヨナラ負けして球場を引き揚げる阪神・金本知憲監督=ナゴヤドーム(撮影・村本聡)
Messenger

 阪神は同点の九回に登板した藤川がビシエドに痛打を浴びてサヨナラ負け。3度のリードを守れず、痛い黒星を喫した。

 悔やまれるのは五回と七回の失点だ。五回は1死二塁からメッセンジャーの悪送球で1点を献上。七回は一死二、三塁から二ゴロを処理した糸原がバックホーム。球審の判定はアウトだったが、中日ベンチのリクエストでセーフに覆り、球場の雰囲気も一変した。

 七回は前進守備を敷いていただけに、アウトにできなかったのは誤算。「糸原の送球が高かった分、(三塁走者の)手が(本塁に)入った」と久慈守備走塁コーチ。金本監督も「(守備のミスで)2点をあげると勝たせてもらえない」と落胆の色を隠せなかった。

 これで2カード連続負け越しとなり、再び借金5。いつまでたっても流れに乗れないチーム状況を象徴する敗戦だった。(丸山和郎)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ