PR

産経WEST 産経WEST

【夏の甲子園】大阪桐蔭エース、柿木投手が甲子園V報告…佐賀出身

地元の佐賀県多久市で少年野球チームの児童らと記念写真に納まる大阪桐蔭高の柿木蓮投手=23日
Messenger

 第100回全国高校野球選手権大会で史上初の2度目の春夏連覇を果たした大阪桐蔭のエース右腕で、佐賀県多久市出身の柿木蓮投手が23日、横尾俊彦市長を表敬訪問し、優勝を報告した。

 金色のメダルを首にかけて同市役所に登場した柿木投手に、横尾市長は「大阪桐蔭は全国の精鋭が集う。エースナンバーを背負って続けていくのは大変なことだと思いました」と、ねぎらいの言葉を掛けた。柿木投手は「去年(3回戦で)負けてから、あそこ(甲子園球場のマウンド)で笑顔で終わることを目標にしていた。かなってうれしい」と振り返った。

 柿木投手はU18(18歳以下)アジア選手権(9月・宮崎)の高校日本代表に選出された。同市役所で出迎えた地元の少年野球チームの選手は「U18ではいつ投げますか。見に行きます」と声を弾ませ、一緒に写真に納まった。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ