産経WEST

【関西の議論】部活中の熱中症死亡事故 25%が野球部 屋内競技でも多数

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【関西の議論】
部活中の熱中症死亡事故 25%が野球部 屋内競技でも多数

 100回記念大会となった夏の甲子園では連日、猛暑の中で球児らの熱戦が繰り広げられている。ただ一方で、球児をめぐっては不幸な事故も起きている。高校や中学のクラブ活動中に熱中症で死亡する生徒の4人に1人は野球部員であることが、独立行政法人「日本スポーツ振興センター」(JSC)がまとめた調査結果で分かった。特に高1に被害が多いことも別の調査で判明した。

■野球部トップの理由

 JSCは、学校管理下で発生した災害に医療費や見舞金を支給する「災害共済給付」制度を設けており、死亡見舞金の支給データを基に調査・分析を行った。

 JSCのまとめによると、昭和50年から平成29年(速報値)の間、クラブ活動中に熱中症で死亡したのは146人。このうち37人が野球部の活動中で最も多く、全体の25・34%。次いでラグビー部17人、柔道部16人、サッカー部14人、剣道部11人、山岳部9人-などだった。野球部が最多だったのは、競技人口が多いことに加え、練習時間が長いことが原因とみられるとしている。

■高1、肥満体型の選手は特に要注意!

 またJSCの別の調査によると、熱中症で死亡した野球部員を学年別でみると、平成2~24年度に亡くなった18人のうち、高1が11人を占め、高2(3人)や中1と中2(各2人)を大幅に上回った。

 高1が多い理由としては野球経験の少ない初心者が含まれていることが大きいとみられ、肥満体形の部員がランニングやダッシュの繰り返しなど長時間に及ぶ守備練習の終了間際に発症する傾向が出ていた。比較的暑くないとされる午前11時までや、午後6時以降の練習中に発症して死に至ったケースもあった。

続きを読む

このニュースの写真

  • 部活中の熱中症死亡事故 25%が野球部 屋内競技でも多数

関連ニュース

「産経WEST」のランキング