PR

産経WEST 産経WEST

【夏の甲子園】大阪桐蔭勢と吉田投手がチーム「JAPAN」でアジア制覇へ 「すごい仲間が味方に…」

優勝から一夜明け、優勝旗の前でポーズをとる大阪桐蔭の根尾昂選手(右)と藤原恭大選手。次の舞台はU18アジア選手権だ=22日午前、大阪市
Messenger

 第100回全国高校野球選手権大会を沸かせた選手たちは、18歳以下によるU18アジア選手権(9月3日開幕・宮崎)を戦う。史上初の2度目の春夏連覇を果たした大阪桐蔭の根尾昂選手や藤原恭大選手、準優勝した金足農(秋田)の吉田輝星投手が高校日本代表に選出されている。吉田投手は「日本を背負って、全力で頑張りたい」と意気込んだ。

 大阪桐蔭からは最多となる5選手が選ばれた。根尾選手は「5人も選んでいただいたことに責任を感じて、チームの勝利に貢献できるようにやっていく」ときっぱり。昨年のワールドカップ(W杯)に続き、2年連続で代表に名を連ねた藤原選手は「昨年は3位だった。今年は優勝したい」と闘志を燃やした。

 ライバルとして戦った相手と交流ができるのも国際大会の良さの一つだ。根尾選手は「吉田君は素晴らしい投手。いろいろ話してみたい」と興味津々。明徳義塾(高知)の市川悠太投手と、すでに無料通信アプリLINE(ライン)でやりとりしているという吉田投手は「すごい仲間たちが今度は自分の味方になってくれる」と大会を心待ちにした。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ