PR

産経WEST 産経WEST

小5いじめ自殺、再調査へ 兵庫・多可町が第三者委

Messenger

 兵庫県多可(たか)町で昨年5月、町立小5年の女子児童=当時(10)=が自殺した問題で、同町は22日、町教育委員会設置の第三者委員会に代わり、自殺の背景やいじめの具体的内容などについて再調査する町主体の第三者委を設置する意向を明らかにした。学識経験者らを軸に人選を進め、10月末までに設置する方針。来年3月末をめどに再調査の結果を報告する。

 町教委設置の第三者委は今年7月、いじめのほか女子グループ内のいびつな関係へのストレスなどで自殺したとする報告書を公表した。

 これに対し、遺族側は「いじめの詳細が分からず、娘の苦しみを理解してもらえない」などとして再調査を求めていた。

 吉田一四(かずし)町長は「女児の学年が小学校を卒業するまでにご遺族に調査結果を報告できるようにしたい」とコメントした。

 女児は昨年5月1日、学校から帰宅後に自殺を図り、翌2日に死亡。「だれも、いじめたりしないようにしてください」などのメモを残していた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ