PR

産経WEST 産経WEST

【関西の力】野球(3)田中将、ダルビッシュ、前田健…大リーガーの原石競い合う大阪発祥のボーイズリーグ

Messenger
ダルビッシュ有(共同)
ダルビッシュ有(共同)

 前田は地元の名門であるPL学園(大阪)へ進み、駒大苫小牧(北海道)を進路に選んだ田中は甲子園で2年夏に優勝、3年夏には準優勝投手となった。

 田中、前田のほかにも、ダルビッシュ有(30)=レンジャーズ=ら、関西のボーイズリーグから日本のプロ野球を経て、世界最高峰である米大リーグ入りを果たした選手は多い。自身が定めた高い目標のためなら、生まれ育った古里を離れ、新天地の高校に向かうことも厭(いと)わない。その精神が海外へ羽ばたく素地となっているのだ。

前田健太
前田健太
黒田博樹
黒田博樹
桑田真澄
桑田真澄

 ボーイズリーグ 昭和45年に大阪府内の28チームで結成され、当初は主に大阪球場(現なんばパークス)で大会が開催されていた。中学校の部活が軟式中心の中、硬式であることなどからプロ野球を目指す生徒が多く集まるようになった。日本少年野球連盟によると、平成28年現在、全国に39支部610チーム、選手数は約2万1千人(中学生の部)を数える。

(平成29年1月6日夕刊1面掲載 年齢や肩書き、呼称は当時)

◇   ◇

 伝統、文化、医学、農業、エンターテインメント、スポーツ…。関西には世界に誇れる魅力あるコンテンツがあふれている。現状の停滞を打破し、突破できる「力」とは何か。この連載では、さまざまなジャンル、切り口で「関西の力」を探る。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ