PR

産経WEST 産経WEST

架空納入で詐取疑い、新日鉄住金元社員ら3人逮捕…被害額は5億円か 兵庫県警

Messenger

 鋼材の原料となる鉄くずを納入したように装い、新日鉄住金広畑製鉄所(兵庫県姫路市)から計約700万円をだまし取ったとして、兵庫県警捜査2課は21日、同製鉄所元社員、田島智生(ちせい)容疑者(43)=住所不定=と、鉄くず業者の男2人を逮捕したと発表した。同様の架空取引による被害額は平成23年以降で約5億円に上るといい、同社は2月に田島容疑者を懲戒免職とし、詐欺罪で刑事告訴していた。

 県警によると、同製鉄所の原料調達担当だった田島容疑者が、逮捕された男2人と示し合わせ、鉄くずの納入を記した架空伝票を作成していたことが、社内調査で昨年夏ごろに発覚。同社は鉄くずの納入を受けていなかったが、10年以上前から別の業者を通じて男2人に代金を支払い、田島容疑者も分配を受けていた。

 逮捕容疑は共謀し27年7~11月、鉄くずの架空取引で同社に代金計約770万円を支払わせ、詐取したとしている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ