PR

産経WEST 産経WEST

【夏の甲子園決勝(8完)】大阪桐蔭が史上初の2度目の春夏連覇 

Messenger

前のニュース

優勝が決まり、マウンドに駆け寄る大阪桐蔭の選手ら=甲子園球場(永田直也撮影)
優勝が決まり、マウンドに駆け寄る大阪桐蔭の選手ら=甲子園球場(永田直也撮影)

 第100回全国高校野球選手権大会最終日は21日、甲子園球場で決勝が行われ、金足農(秋田)と大阪桐蔭(北大阪)が対戦。強打の大阪桐蔭が金足農のエース、吉田を打ち崩し、13-2で勝利した。

▼8回終えて、13-2で大阪桐蔭が大量リード

 大阪桐蔭が一回に石川の2点二塁打などで3点を先制。四回は宮崎の3点本塁打、五回には根尾の2点本塁打などで6点を加えた。金足農の吉田は5回12失点で降板した。大阪桐蔭の先発、エース柿木は金足農の反撃を2点に抑え、前日の準決勝に続き、完投。胴上げ投手となった。

大阪桐蔭・中川と抱き合う金足農・吉田(中央)=21日午後、兵庫県西宮市の甲子園球場
大阪桐蔭・中川と抱き合う金足農・吉田(中央)=21日午後、兵庫県西宮市の甲子園球場
優勝した大阪桐蔭・根尾昂ら=甲子園球場(甘利慈撮影)
優勝した大阪桐蔭・根尾昂ら=甲子園球場(甘利慈撮影)

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ