PR

産経WEST 産経WEST

【時刻表は読み物です】豪雨被害の「秘境駅」備後落合 かつては100人が働く鉄路の要衝

西日本豪雨被害で1カ月にわたって列車が来なかった備後落合駅。誰もいない構内はひっそりとしていた
Messenger

 7月の西日本豪雨では鉄道への被害が広範囲で発生した。徐々に復旧はしているものの、大動脈の山陽線をはじめ不通区間は残っている。広島県北東部の中国山地にあり、JR西日本の芸備線と木次(きすき)線が接続する備後落合駅(同県庄原市)は、8月8日に木次線が復旧したが、それまでの約1カ月、列車が来ない駅だった。本数の少なさから「秘境駅」としてファンの人気が高い山あいの駅を訪れてみると、レールはさび、土嚢(どのう)が積まれた構内は、ひっそりと静まりかえっていた。

 木次線の列車は来るようになったが、芸備線は不通のまま。同線の列車が発着していた2、3番線のホームから見るレールは赤くさび、雑草が生えている状態で、1カ月以上の「空白」を感じさせた。

 土嚢が積まれたり、斜面にブルーシートがかけられたりした側の線路は、土砂が流れ込んだのか、石(バラスト)がなくなり、枕木などは乾いてひび割れた土に覆われていた。

 芸備線の新見方面をよく見ると、復旧作業が行われていた。こちらの復旧予定は9月中だが、芸備線の三次方面は来年の1~3月中。完全復旧にはまだまだ時間がかかる。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ