PR

産経WEST 産経WEST

【富田林脱走】「直におわび申し上げたい」 大阪府警本部長、改めて謝罪

大阪府警富田林署で謝罪の言葉を述べる広田耕一府警本部長=20日午後
Messenger

 大阪府警富田林署の面会室から男が逃走した事件で、府警の広田耕一本部長が20日、捜査本部が置かれている同署を視察した。報道陣の取材にも応じ、「府民に多大な不安と心配をかけ、大変申し訳ない。このような事態が二度と起こらないよう再発防止策を徹底する」と改めて陳謝した。

 広田本部長はこの日、指名手配中の無職、樋田(ひだ)淳也容疑者(30)がアクリル板を蹴破った面会室(接見室)をはじめ、逃走経路を確認。捜査員らには早期解決を指示した。

 広田本部長は逃走事件の発生から3日後の15日に謝罪コメントを発表したが、事件について公の場で取材に応じるのは初めて。「容疑者が逃走してから1週間経っても確保できていないことを踏まえ、直におわび申し上げたいという気持ちから」と説明した。

 逃走を許した原因については「複合的な要因。接見室の構造や設備、接見終了の確認、運用の方法など、いろいろな問題が重なって生じた」と話した。

 また住民への情報提供の遅れに批判が集まっていることに対し「結果的に遅くなったことに大変申し訳なく思っている。その点もしっかり対策を講じたい」と述べた。

関連ニュース

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ