産経WEST

【アジア大会】買春行為で帰国のバスケ選手、所属のエヴェッサ「誠に残念でなりません」

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【アジア大会】
買春行為で帰国のバスケ選手、所属のエヴェッサ「誠に残念でなりません」

左から永吉佑也選手、橋本拓哉選手 左から永吉佑也選手、橋本拓哉選手

 ジャカルタ・アジア大会のバスケットボール男子日本代表が公式ウエアで市内の歓楽街を訪れていた問題。現地で記者会見した日本選手団の山下泰裕団長は買春行為があったとして、いずれもBリーグの永吉佑也(27)=京都、橋本拓哉(23)=大阪、今村佳太(22)=新潟、佐藤卓磨(23)=滋賀=の4選手の代表認定を取り消したと明らかにした。4選手は選手村を退去し、20日早朝に帰国の途に就いた。

 橋本選手の所属する大阪エヴェッサは20日、「行動規範に抵触する行動に関するコメントについて」と題したプレスリリースを出し、安井直樹代表取締役の「非常に軽率な行動をしてしまったことについて誠に残念でなりません」との談話を発表した。

 安井氏はパートナー企業や関係者、ファンに陳謝。そのうえで「大変重く受け止め、選手研修などの教育を改めて実施、再発防止を徹底して取り組んでまいります」とした。

 日本オリンピック委員会(JOC)の発表によると、4選手は16日にあった1次リーグ2戦目のカタール戦終了後の午後10時すぎに、日本選手団の「JAPAN」のロゴが入った公式ウエアを着て選手村から外出。日本食店で食事や飲酒をした後、日系人に紹介された別の店の女性を伴ってホテルに入り、不適切な行為に及んだ。日本選手団の行動規範は「競技での活躍だけでなく、競技を離れた場でも社会の規範となる行動を心がける」としている。

このニュースの写真

  • 買春行為で帰国のバスケ選手、所属のエヴェッサ「誠に残念でなりません」
  • 買春行為で帰国のバスケ選手、所属のエヴェッサ「誠に残念でなりません」

関連ニュース

「産経WEST」のランキング