PR

産経WEST 産経WEST

【夏の甲子園】大阪桐蔭が決勝進出 春夏連覇に向け、「いよいよこの舞台が来た」…西谷監督

全国高校野球大会準決勝、済美戦に先発した大阪桐蔭・柿木=20日、甲子園
Messenger

 第100回全国高校野球選手権大会第15日は20日、甲子園球場で準決勝が行われ、第2試合は済美(愛媛)と大阪桐蔭(北大阪)が対戦。春のセンバツ大会で優勝した大阪桐蔭が5-2で勝利し、決勝戦に進出した。

 大阪桐蔭は史上初となる2度目の春夏連覇を目指し、第1試合で日大三(西東京)を破った金足農(秋田)と対戦する。

 試合は済美が2回に大阪桐蔭先発の背番号「1」の柿木を打ち崩し、1点を先制。その後、点を取り合って、2-2となった5回、大阪桐蔭は石川の適時打などで3点を取り、済美を突き放した。柿木は10三振を奪い、完投した。

 大阪桐蔭の西谷浩一監督は試合後のインタビューで「いよいよこの舞台が来たなという感じです。今日の勝利で自信がつきました。非常に苦しい試合となった。敵ながら、(済美の先発の)山口投手が涙が出るくらいの粘投だった。柿木は背番号1をつけたプライドでねばって投げてくれた。昨年夏の甲子園で負けたときに、絶対に翌年は春夏連覇を目指そうということでやってきた」と話した。

 先発完投の大阪桐蔭の柿木投手は「状態はよくなかったけど、みんなが守ってくれた。金足農業は最高の相手、全力で倒しに行く」と話した。

続きを読む

関連ニュース

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ