PR

産経WEST 産経WEST

広島土砂災害から4年 教訓胸に、犠牲者悼む 西日本豪雨で防災への思い新た

広島土砂災害から4年となり、慰霊碑付近に並べられた灯籠に火をともす男性=20日未明、広島市安佐南区
Messenger

 77人が死亡した平成26年の広島市の土砂災害から4年の20日、被災地では住民らが犠牲者を悼み、慰霊祭を開いた。今年7月には西日本豪雨が発生し、岡山、広島、愛媛など15府県で226人が死亡。住民らは、防災への思いを新たに4年前の教訓を伝える活動を続けている。

 被災した安佐北、安佐南両区では、各地で住民主催の追悼行事が開かれ、広島市の松井一実市長らが献花した。安佐南区の梅林小では住民らが、広島土砂災害と西日本豪雨の犠牲者に1分間の黙とうをささげた。

 被災1年後の27年から毎年、広島県と広島市が主催していた追悼式は、同じ時間帯に各所で地域住民による追悼行事が開かれていることなどから、昨年で終了した。

 警察庁などによると、西日本豪雨では広島県内で113人が死亡。多くの人が土砂災害警戒区域の中で亡くなったことから、避難を促すタイミングや危険性の周知方法など、住民避難の課題が改めて浮き彫りとなった。

 広島県は今後、西日本豪雨の被災者らを対象に、避難を決めた頃合いや理由について聞き取り調査を実施し、集まったデータを基に「何が避難行動に結び付くのか」を分析し、減災につなげていく方針だ。

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ