産経WEST

【台湾の臨床仏教(上)】最難関の大学病院が緩和ケアの専門僧侶養成

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【台湾の臨床仏教(上)】
最難関の大学病院が緩和ケアの専門僧侶養成

台湾大付属病院の緩和ケア病棟で、膵臓がんの男性患者に語りかける大下大圓さん(左)。常駐する尼僧と主治医の黄威勝さん(右)らが見守った。日台では、医師や看護師に代わって患者の苦悩を和らげる聖職者のケアに、仏教精神を導入しようと模索している=2018年1月、台北市(小野木康雄撮影) 台湾大付属病院の緩和ケア病棟で、膵臓がんの男性患者に語りかける大下大圓さん(左)。常駐する尼僧と主治医の黄威勝さん(右)らが見守った。日台では、医師や看護師に代わって患者の苦悩を和らげる聖職者のケアに、仏教精神を導入しようと模索している=2018年1月、台北市(小野木康雄撮影)

 死を目前にした終末期のがん患者らを精神的に支えようと、医療現場に僧侶が入る「仏教緩和ケア」が日本と台湾で注目されている。医師や看護師に代わって聖職者が患者の苦悩を和らげるケアはキリスト教に由来するホスピスで行われてきたが、日台では、自国民になじみの深い仏教精神の導入を模索。台湾はその先進地域とされ、日本の医療・宗教関係者が視察や研修に訪れているという。その視察に同行し、意義や今後の取り組みの行方を探った。(小野木康雄)

僧侶が常駐する病棟

 「ありがとう。うれしいよ」。ベッドに身を横たえた台湾人の男性(86)は日本から来た僧侶の手を握り返すと、戦時中に学んだというよどみない日本語で礼を言った。

 今年1月、台北市中心部にある台湾大付属病院6階の緩和ケア病棟。男性は膵臓(すいぞう)がんで余命わずかと診断されていて起き上がれなかったが、日本統治下で過ごした少年時代を懐かしんだのか、軍艦マーチや桃太郎の歌を口ずさんだ。

 主治医の黄威勝(おう・いしょう)さん(31)は「本当に良かった」と話し、隣の女性2人とうなずき合った。普段から男性に寄り添う病棟スタッフの尼僧たちだ。

 台湾大は、日本の東京大に当たる公立の最難関大学。最先端の医療を提供するその付属病院が、病棟に僧侶を常駐させて「仏教緩和ケア」に取り組んでいる。死を目前にした終末期のがん患者らを精神的に支えることが目的だ。

仏教に理解のある医師

 男性患者と面会した日本人僧侶は、高野山真言宗の大下大圓(だいえん)さん(64)=岐阜県高山市。日本の医療現場などで働く宗教者の専門職「臨床宗教師」を、日本臨床宗教師会の副会長として養成している。

 「台湾から学ぶべきことは多い」と視察研修を企画し、医療・宗教関係者ら10人を引率して台大病院を訪問。黄さんの依頼で男性のケアに当たった。

 世界保健機関(WHO)は、緩和ケアが対処すべき苦痛のひとつに「スピリチュアルな問題」を挙げる。人生や死にまつわる根源的な苦痛のことだ。欧米では、キリスト教精神に基づくホスピス付きの聖職者が和らげる役割を担ってきた。

 日本と台湾は、そこに仏教精神を取り入れようと試みている。日本は宗教を問わない臨床宗教師。台湾は僧侶に特化した「臨床仏教宗教師」。手法は異なるが、目的はほぼ同じだ。

続きを読む

このニュースの写真

  • 最難関の大学病院が緩和ケアの専門僧侶養成
  • 最難関の大学病院が緩和ケアの専門僧侶養成

関連ニュース

「産経WEST」のランキング