PR

産経WEST 産経WEST

【夏の甲子園】いよいよ準決勝 注目選手のスカウト評は…ドラフト会議で指名重複も

【第100回全国高校野球近江(滋賀)-金足農(秋田)】試合前、センターに向かって右手を上げるルーチンを行う金足農の先発、吉田
Messenger

 第100回全国高校野球選手権大会はベスト4が出そろい、残すは準決勝と決勝の計3試合だけとなった。奪三振ショーに豪快なホームラン、華麗なボールさばき…。過去最多の56校が参加した今大会、将来性豊かな逸材たちが好プレーを見せてきた。今秋のドラフト会議を見据えて目を光らせてきたプロ野球のスカウト陣に注目選手を聞いた。(坂井朝彦)

大阪桐蔭の「二刀流」根尾、走攻守の藤原

 「わくわくするプレーヤー」と阪神の畑山スカウトが表現するのが、大阪桐蔭(北大阪)の根尾だ。投手と遊撃手の「二刀流」として、準々決勝までの4試合のうち2試合に先発し、打っては14打数6安打で本塁打も2本放った。打撃の勝負強さに守備の動きもよくなった上、投手としても「いいものを持っている」。将来性については「(投打の)どちらかに絞れば(どちらでも)一流になれる」と太鼓判を押した。

 3本塁打9打点を挙げている大阪桐蔭の不動の4番、藤原は「好調をキープしている。彼らしいプレーが見られるようになった」と分析。昨年10月に痛めた右膝の不安がなくなったことが右方向への強打や走塁に現れているといい、「魅力あふれる選手。走攻守にハイレベル」と高評価を与えた。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ