PR

産経WEST 産経WEST

【今週の注目記事】北朝鮮へ3度も強制送還、銃殺免れたのは「弾がもったいない」から…脱北女性、衝撃の講演内容

Messenger

 韓国の文在寅(ムン・ジェイン)政権は、北との宥和政策を取っていますが、北は絶対変わらない。脱北者の立場としては、北に対する日本の厳しい姿勢がとても重要です。北朝鮮がなくなることが、世界の平和につながると思うので、そのためにも日本のみなさんが、人権問題でも拉致問題でも、脱北者の問題と合わせて北への関心をもってもらえたらうれしい。

 とはいえ、私の故郷はやはり北朝鮮なのです。今の政権ではなく、民主主義の社会になったら、私は帰りたい。いつまでも恋しい場所です。

   

 講演は、出雲市出身で韓国に住む朝鮮半島エッセイストの大熊美晴さん(36)が企画した「北朝鮮の歌と踊りが楽しめる国際交流会」の中で行われ、金さんの韓国語を大熊さんが随時通訳した。金さんは「堅苦しい話だけでは飽きられるので、関心を呼ぶため歌や踊りなどのパフォーマンスも身に付けた」といい、北朝鮮の歌や踊りなども披露した。

(8月13日掲載)

関連ニュース

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ