PR

産経WEST 産経WEST

【夏の甲子園】大阪桐蔭、猛打爆発ベスト4 11-2で浦和学院破る

2回、左中間に本塁打を放つ大阪桐蔭・根尾=甲子園球場(二星昭子撮影)
Messenger

 第100回全国高校野球選手権大会第14日は18日、甲子園球場で準々決勝が行われ、史上初の2度目の春夏連覇を狙う大阪桐蔭(北大阪)が浦和学院(南埼玉)に11-2で大勝し、優勝した2014年以来4年ぶりに準決勝に進出した。

 大阪桐蔭は3-2の六回1死満塁から青地、中川、藤原の3連続長短打などで一挙6点。八回は藤原がこの日2本目の本塁打となるソロ、九回は石川のソロ本塁打でダメを押した。先発の根尾は5回2失点。柿木が4回を1安打無失点で締めた。

 浦和学院は継投がうまくいかなかった。打線も5安打に抑えられた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ