PR

産経WEST 産経WEST

【大阪ブルース!】“ダミ声”好むブルースのギタリストたち

Messenger

 そう考えると、ギターの音色とボーカルの声質は同じものを志向するのかもしれない。ロックではその後、概してよく通るハイ・トーンや、美しくハモるコーラスが大事にされ、ブルースでは逆にクセの強いダミ声が珍重されつづけてゆく。

(柿木央久)

 かきのき・てるひさ 昭和42年大阪生まれ。音楽批評家。ボサ・ノヴァとロックが主なフィールドだったが、有山じゅんじやザ・たこさんとの交友をきっかけに関西のブルース・ソウルが主なフィールドに。著書・共著「決定盤 ボサ・ノヴァCD100選」「200ロック語事典」「大阪がもし日本から独立したら」ほか。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ