PR

産経WEST 産経WEST

城崎温泉「ミスゆかたコンテスト2018」グランプリに大阪の看護師、服部さん

グランプリに選ばれた服部真己さん(中央)と準グランプリの西村妃菜さん(左)、嘉藤奈緒子さん(右)=17日、兵庫県豊岡市
Messenger

 浴衣の似合う温泉街として知られる兵庫県豊岡市の城崎温泉で17日、日本一浴衣が似合う女性を決める「ミスゆかたコンテスト」の最終選考が行われ、グランプリに大阪府東大阪市の看護師、服部真己(まこ)さん(25)、準グランプリに兵庫県川西市の大学生、西村妃菜(ひな)さん(21)と京都市上京区の大学生、嘉藤(かとう)奈緒子さん(22)がそれぞれ選ばれた。

 同コンテストは1次予選でファイナリスト8人を選出。ステージでの自己アピールも行われ、選考は浴衣の着こなしや城崎温泉への思い、特技などの項目で総合的に評価した。大阪市内での城崎温泉のPRイベントやインターネットなどでの事前投票に、この日の最終選考の審査員、観客による投票が加えられ、グランプリが決まった。3人は城崎温泉観光大使として1年間、温泉のPR活動を行う。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ