PR

産経WEST 産経WEST

【日本高校ダンス部選手権】羽衣学園が初優勝 箕面が優秀賞 スモールクラス

演技する大阪府立箕面高等学校(大阪)=16日、横浜市西区のパシフィコ横浜(宮崎瑞穂撮影)
演技する大阪府立箕面高等学校(大阪)=16日、横浜市西区のパシフィコ横浜(宮崎瑞穂撮影)
その他の写真を見る(2/6枚)
演技をする羽衣学園高等学校(大阪)=16日、横浜市西区のパシフィコ横浜(三尾郁恵撮影)
演技をする羽衣学園高等学校(大阪)=16日、横浜市西区のパシフィコ横浜(三尾郁恵撮影)
その他の写真を見る(3/6枚)

 キャプテンの3年、高橋しずくさん(18)は「前回は全国大会に出られず、『捲土重来(けんどちょうらい)』を胸に、優勝だけを目指して練習してきた」と話し、「優勝という最高の形になり、本当にうれしい」と、メンバーらと喜びを分かち合った。

演技をする大阪府立箕面高等学校(大阪)=16日、横浜市西区のパシフィコ横浜(三尾郁恵撮影)
演技をする大阪府立箕面高等学校(大阪)=16日、横浜市西区のパシフィコ横浜(三尾郁恵撮影)
その他の写真を見る(4/6枚)

 3連覇を目指した箕面は、激しいアップテンポな曲だけでなく、スローな曲も盛り込んでパワフルでおしゃれな踊りを披露して優秀賞を獲得した。リーダーで2年の蔵満萌香(くらみつ もえか)さん(16)は「大きな舞台にとても緊張しましたが、踊っているうちに徐々に楽しさが増しました」と笑顔を見せた。

 演技のテーマを「罠堕(トラップ)」とした鶴見商。女子部員10人が、躍動感にあふれた一糸乱れぬダンスを披露し、産経新聞社賞に輝いた。キャプテンの3年、久保田百花さん(18)は「みんなでがんばってきた集大成をみせることができました」と話していた。

演技をする羽衣学園高等学校(大阪)=16日、横浜市西区のパシフィコ横浜(三尾郁恵撮影)
演技をする羽衣学園高等学校(大阪)=16日、横浜市西区のパシフィコ横浜(三尾郁恵撮影)
その他の写真を見る(5/6枚)
演技する大阪府立箕面高等学校(大阪)=16日午後、横浜市西区のパシフィコ横浜(永田直也撮影)
演技する大阪府立箕面高等学校(大阪)=16日午後、横浜市西区のパシフィコ横浜(永田直也撮影)
その他の写真を見る(6/6枚)

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ