PR

産経WEST 産経WEST

野洲市の墓園でセアカゴケグモ300匹

Messenger

 毒グモのセアカゴケグモ2匹が見つかった滋賀県野洲市営さくら墓園(同市南櫻)で同市は16日、ほかに約300匹のセアカゴケグモとその卵を発見し、駆除したと発表した。人への被害は確認されていない。

 市環境課によると、13~15日に園内全ての側溝などを調べたところ、見つかった。ほとんどが成虫で約2・5センチ。また、黄色の約1センチの卵も側溝のフタの裏などに付着しているのを確認し、殺虫剤で駆除した。

▼愛知の公園に毒グモ44匹…岐阜でも8匹

 同課は「怪しいクモを見かけたら近寄らないようにしてほしい」としている。同課によると、セアカゴケグモにかまれると、リンパが腫れ、脱力や不眠などの症状が現れることがある。

 墓園は約4万1千平方メートル。約1500区画に墓が立っている。11、13日に計2匹が発見されていた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ