PR

産経WEST 産経WEST

能登の祭り、ネットで配信…存続に危機感、金沢のウェブデザイナー開設

「あばれ祭」を写真や動画でネット配信するため、会場を訪れた辻野実さん=石川県能登町
Messenger

 石川県能登町の祭りを写真や動画で配信している男性がいる。同町出身で現在は金沢市に住むウェブデザイナー辻野実さん(36)だ。高齢化と人口減少が続く同町。祭りもかつての活気を失いつつあり、存続に危機感を覚えて3年前から始めた。「地元を離れた人にも魅力に気付いてもらい、盛り上げられれば」。そんな願いを込めている。

 巨大な木製灯籠を担いだ人々が燃え盛るたいまつの周りを回る「あばれ祭」、小学生の男児が着物を着て女装する「白丸曳山祭り」…。辻野さんが立ち上げたサイト「ノトノワイルド」では、七つの祭りが取り上げられている。

 能登町によると、同町では年間100以上の祭りが行われる。だが昨年10月時点で町の人口に占める65歳以上の高齢者の割合は47・6%。県内市町で2番目に高く、祭りの参加者も減っている。

 大阪府内の大学に進学した辻野さんは、そのまま大阪市内のマーケティング会社に就職。転機は平成19年だった。会社が東京本社に一本化される話が出た後に、能登半島地震が発生。両親らが暮らす能登町の実家にすぐに駆け付けられず、県内へ戻ることにした。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ