PR

産経WEST 産経WEST

東海企業、4~6月期純利益0・1%増…製造業は減益

Messenger

 証券系シンクタンクの東海東京調査センター(名古屋市)は15日、岐阜、愛知、三重の東海3県に本社を置く上場企業141社の平成30年4~6月期業績集計を発表した。売上高は前年同期比8・0%増の7兆6723億円、純利益が0・1%増の4517億円だった。

 製造業の純利益は人件費や原材料費の高騰が響き1・1%減となった一方、非製造業は運送業の運賃値上げなどが寄与し2・3%増だった。細井克己シニアアナリストは「コストの増加分をどれだけ価格に転嫁できるかが課題になる」と述べた。

 31年3月期の純利益予想の集計は前期比0・2%増の1兆6838億円となった。トヨタ自動車と金融業は集計対象から除いている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ