PR

産経WEST 産経WEST

近畿は3カ月連続減、7月のマンション発売

Messenger

 不動産経済研究所が15日発表した近畿2府4県の7月のマンション発売戸数は、前年同月比17・4%減の1514戸となり、3カ月連続で前年の水準を下回った。大阪市内で投資向け物件の供給が少なかったことなどが影響した。

 同研究所の担当者は「大阪市内はホテル建設の増加で用地取得の競争が激しく、マンションが建てづらくなっている」と分析している。

 契約率は0・4ポイント上昇の74・0%で、好調の目安とされる70%を上回った。兵庫県の郊外などでファミリー物件の販売が好調だった。

 地域別の発売戸数は、大阪市が38・9%減の612戸、神戸市が約3・6倍の174戸、京都市が3・0%減の65戸などとなった。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ