PR

産経WEST 産経WEST

【虎のソナタ】甲子園から早朝5時2分のメール…高校野球の時期はみんな大忙し

8回、阪神・原口が適時打を放ち、ベンチで笑顔の糸井
Messenger

 引き分けでもマジック点灯という瀬戸際…。「いやぁマジックといってもカープはそれほど『やっとこさたどり着いた感』なんて全然ありませんよ」と広島担当柏村翔はいった。

 これが“豪語”に聞こえるのは劣勢にある者のヒガミか。どれだけ広島はコツコツと堅実な野球を身につけ、勝ち星を積み重ねてきたことか。なんとなく甲子園の高校野球でキチンとした野球を見るとその延長線上にカープ野球の強さを見る…。柏村はそれをつぶさに見ている。

 そういえば柏村は「この対阪神戦が終わるとやっと“夏休み”なんです。しばらく広島は炎天下の連戦続きでしたから、もうヘロヘロでした。えッ、いえ選手じゃなく僕が…です。久しぶりのエアコンの効いたドームでの試合なので張り切っていたのが丸選手。ですから今日は丸さんに要注意ですョ。僕ですか、そりゃあ睡眠不足で…。だからここらで滋賀の実家で一息いれてきますョ」と声を弾ませていた。

 とにかくこの酷暑続きには寝不足に苦しんでいる方が多い。

 この日の当番デスク大澤謙一郎がシミジミと独り言を言ってるので、どうした? と声をかけたらこんな事情があった。

 「新聞は毎日発行するものなので、編集局にまとまったお盆休みはありません。前夜も普段通り夜中まで仕事して、日付けが変わった深夜に仕事の引き継ぎメールを書く毎日ですわ…とかグダグダ言いながら家に帰って寝て、朝起きてスマホをチェックしてびっくりしたんです。みると仕事のメールの返事の発信が午前5時2分ですョ。どこからだと思います? 甲子園球場のスタッフの方からの連絡です」

 思わず大澤はそれまでボヤキ倒していた自分が恥ずかしかったそうだ。そうか…この時期は甲子園球場関係の職員さん、電鉄関係、それに阪神園芸の皆さんなど「若人の青春」にたずさわる方々はこんな時間からもう汗だくでフルスロットル状態なのである。

続きを読む

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ