PR

産経WEST 産経WEST

【夏の甲子園】沖縄出身の安仁屋氏がレジェンド始球式「いい日に登板できた」

Messenger
始球式に臨む安仁屋宗八さん=甲子園球場(水島啓輔撮影)
始球式に臨む安仁屋宗八さん=甲子園球場(水島啓輔撮影)

 終戦記念日の15日、甲子園球場(兵庫県西宮市)で開催されている全国高校野球選手権大会の“レジェンド始球式”には、沖縄出身でプロ野球広島でも活躍した安仁屋宗八氏(73)が登場。「プレーボールの声を聞いて、震えが出ました」と振り返ったが、満員のファンの前で力強いボールを捕手のミットに届かせた。

 安仁屋氏は56年前の第44回大会に沖縄高校(現・沖縄尚学)の選手として出場。当時を振り返り、「沖縄の食事は脂っこいので、本土の食事はあっさりしていてスタミナ不足になった」と苦笑いを浮かべた。

▼「バンビ」が甲子園に帰ってきた 東邦OBの坂本佳一さんが始球式

 終戦記念日に甲子園のマウンドの土を踏み、「いい日に登板させてもらった」と感慨深げ。100回大会を迎えた夏の高校野球について「日本が平和じゃないと100回も続かない。1年でも長く続いていってほしい」と願いを込めた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ