PR

産経WEST 産経WEST

【関西の議論】生誕1350年、カリスマ僧侶・行基 民衆の信頼を集めた「行動する宗教者」

喜光寺に安置されている行基菩薩坐像
Messenger

 国内宗教史上の「スーパースター」といえば、空海や最澄、親鸞(しんらん)らを思い浮かべる人が多いだろう。一方で、民衆から絶大な信頼を寄せられながら、その活躍ぶりが意外と知られていない奈良時代のカリスマ僧侶がいる。「菩薩(ぼさつ)」と崇(あが)められ、今年生誕1350年を迎えた行基(ぎょうき)(668~749年)だ。布教やインフラ整備に力を尽くしつつ、国家の一大プロジェクトだった東大寺大仏の造立にも貢献。名僧を駆り立てたものはなんだったのか。(岩口利一)

飢え、病に苦しむ民衆

 鴟尾(しび)が輝き、朱色の柱が鮮やかな平城宮跡(奈良市)の朱雀(すざく)門。南へ延びる広場のような空間は奈良時代、日本の首都だった平城京を南北に貫いた朱雀大路跡の一部だ。道幅はなんと約74メートル。壮大な通りだった。

 平城京は東西約6キロ(外京(げきょう)含む)、南北約5キロに及び、「条坊」と呼ばれる碁盤目状の区画に住宅や寺院が建ち並んだ。唐・長安を模し、外観が重視されたという都の姿や、遣唐使の派遣からは当時の国の勢いがうかがえるが、民衆の暮らしはどうだったのか。

 平城京の人口は推定5~10万人。貴族が暮らす一方、都の造営などに従事する地方出身者も多く、貧富の差は大きかった。

 「続日本紀」には〈諸国の役民が郷里に帰る日に食糧が欠乏し、多く帰路で飢えて、溝や谷に転落し、埋もれ死んでいるといったことが少なくない〉などと記されている。貧しさに加えて重い労役が課され、各地で疫病も流行。民衆はあえいだ。

 行基が登場したのはそんな時代だった。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ