PR

産経WEST 産経WEST

高齢者や障害者の現金管理代行の社協職員、1400万着服か 宮崎・川南町

Messenger

 宮崎県川南町の町社会福祉協議会は13日、高齢者や障害者の現金管理を代行する事業を担当していた事務局長補佐の男性(48)が計約1400万円を着服した疑いがあると発表した。

 町社協によると、事務局長補佐は平成26年4月~今年6月、利用者の口座から無断で現金を引き出したほか、土地売却代金を入金しないなどした。一部の着服を認め、弁済の意思を示しているという。町社協は業務上横領の疑いで告訴を検討している。

 事務局長補佐は7月中旬、町社協の事務所に侵入し、現金管理業務の資料ファイルなどにスプレーを掛けたとして、建造物侵入などの疑いで6日に高鍋署に逮捕された。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ