PR

産経WEST 産経WEST

「徹夜おどり」浴衣姿で風情豊かに…岐阜・郡上の城下町

「郡上おどり」のクライマックス「徹夜おどり」が始まり、浴衣姿で踊る人たち=13日夜、岐阜県郡上市
Messenger

 国の重要無形民俗文化財に指定されている「郡上おどり」のクライマックス「徹夜おどり」が13日夜、城下町の風情が残る岐阜県郡上市で始まった。16日までの4日間、浴衣姿の地元住民や観光客が、空が白み始める午前4時ごろまで踊り明かす。

 夕方に降った雨で暑さが和らいだ午後8時、列になった踊り手が軽快なリズムに合わせ、一斉に動きだした。老若男女が体を揺らしながら、げたで石畳をカッカッと鳴らし、手拍子を響かせた。

 郡上おどりは毎年7月中旬から9月上旬にかけて開催。約400年前、郡上藩主が武士や農民の融和を図ろうと藩内各地の盆踊りを城下に集め、身分の隔てなく踊るよう推奨したのが始まりとされる。

 郡上市によると、昨年は徹夜おどりの4日間で約18万3千人が訪れた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ