産経WEST

【西日本豪雨】ネット資金で農家支援…かんきつ類被害の愛媛

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【西日本豪雨】
ネット資金で農家支援…かんきつ類被害の愛媛

 被災地復興などの社会事業に取り組む団体「RCF」(東京)は13日、西日本豪雨で特産のかんきつ類が被害を受けた愛媛県宇和島市の農家を支援するため、インターネットで資金を募る「クラウドファンディング」で集めた約500万円の目録をJAえひめ南(宇和島市)に贈呈した。今後、諸費用を差し引いた約415万円を入金する。

 7月27日から今月10日まで、全国の616人が寄付した。当初の目標は200万円。贈呈式で岡原文彰市長は「最初の設定金額から倍以上となった。厳しい状況だが、産地の再興につなげたい」とあいさつした。

 RCFの藤沢烈代表理事は「全国から直接の応援を届けることができれば、復興に悩む農家の後押しになる」と話した。

 宇和島市では、豪雨による土砂崩れで畑につながる道路が崩落したり、水が使えなくなったりしたままの地域がある。市によると、農業関連被害は約169億円。資金は貯水タンクやポンプの購入に充てる。

関連トピックス

「産経WEST」のランキング