PR

産経WEST 産経WEST

【高校総体】柔道・中野「宿敵斉藤」下し団体V…「ものすごく高い壁」破り手応え

男子団体決勝 国士舘・斉藤立(下)を破った天理・中野寛太=津市産業SC
Messenger

 柔道男子団体戦で天理(奈良)を27年ぶりの優勝に導いたのが昨年100キロ超級覇者の中野寛太だ。国士舘(東京)との決勝では「ものすごく高い壁」と語る同級のライバル斉藤を、優勝を懸けた代表戦で初めて下した。再び激突した翌日の個人戦では敗れたが「力は出し切れた。差は縮まってきている」と大きな手応えをつかんだようだ。

 「相手や自分の動きを研究するのが好き」と話す。暇さえあれば試合や練習の映像を何度も見返しているという。高校で3敗していた、1学年下の斉藤も徹底的に研究。「ここで負けたらずっと負けてしまう」と強い気持ちで臨んだ団体戦でついに雪辱を果たした。

 それでも「運が良かった。逃げてばかりだった」と技ありを奪ってから守りに徹した闘いぶりに自己評価は厳しい。「真っ向勝負で勝ってこそ」と積極的に攻めた個人戦では返り討ちに遭ったが「自分の闘いはできた」と納得の表情だった。

 最後の総体を終え「まずは全日本選手権優勝。五輪はその先」と目標を語った中野。一度は破ったが再びはね返された「高い壁」を次は堂々と越えるべく「スピードとスタミナで体格差を埋めたい。何度も今日の映像を見返します」とさらなる成長を誓った。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ