PR

産経WEST 産経WEST

【富田林脱走】「どうも時間が長い」ドア開けたら無人…脱走気づかず90分? 注意喚起は8時間後、対応後手に

樋田淳也容疑者をめぐる主な経過
樋田淳也容疑者をめぐる主な経過
その他の写真を見る(3/3枚)

注意喚起8時間後

 大阪府警富田林署から勾留中の男が逃走した事件で、同署が防犯メールを通じて住民に注意喚起したのは、発覚から8時間以上が経過した13日朝だったことが分かった。

 同署によると、署員が逃走に気づいたのは12日午後9時43分だったが、報道発表は翌13日午前0時55分。容疑者の顔写真公開は同2時15分にずれ込んだ。住民に防犯メールで知らせたのは同午前6時28分だった。

 同署は捜索に関連して、個別に説明したとしているが、住民への周知は朝の防犯メールまで行われていない。同署幹部は「確実ではない情報を流すと不安を助長する」としている。

関連ニュース

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ