産経WEST

【富田林脱走】3千人態勢で捜査 白いスニーカーで逃走か 左腕に手術痕 左ふくらはぎに動物の入れ墨 

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【富田林脱走】
3千人態勢で捜査 白いスニーカーで逃走か 左腕に手術痕 左ふくらはぎに動物の入れ墨 

樋田淳也容疑者(大阪府警提供) 樋田淳也容疑者(大阪府警提供)

 12日午後、大阪府富田林市常盤町の大阪府警富田林署から、強制性交未遂容疑で逮捕され勾留中の樋(ひ)田(だ)淳也容疑者(30)が逃走した事件で、府警は13日、同署に捜査本部を設置。樋田容疑者の顔写真を公開するとともに、加重逃走容疑で全国に指名手配し、約3千人態勢で行方を追っている。

 府警によると、樋田容疑者は12日午後7時半ごろから、同署2階の面会室で弁護士と接見。弁護士は同8時ごろに帰り、樋田容疑者はその後、アクリル板の隙間を通り抜け、弁護士側の出入り口から逃げたとみられる。弁護士側の扉は無施錠だった。扉には、開くとブザーが鳴る装置が設置されていたが、同署は装置の電池を抜いていた。

▼逃走中の男、5月以降、強制性交・強盗致傷などで4回逮捕 警察車両に放火疑いも

 面会室の前室に署員はおらず、同日午後9時43分ごろ、面会室の中を確認した署員が誰もいないのに気付いた。駐車場には樋田容疑者が履いていたサンダルが残され、前室にあった署員の白色スニーカーがなくなっており、これを履いて逃走したとみられる。

 樋田容疑者は身長約163センチで中肉。髪を真ん中分けにしており、黒い長袖ジャージー、灰色のスエットズボンを着用。左腕に手術痕、左のふくらはぎ部分に動物の入れ墨があるという。樋田容疑者は6月、府内のマンションで20代の女性に乱暴したなどとして、強制性交や窃盗などの疑いで逮捕、起訴されている。

「産経WEST」のランキング