産経WEST

台風15号、北西に進む 九州南部に接近の見通し

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


台風15号、北西に進む 九州南部に接近の見通し

台風15号の予想進路(13日12時現在) 台風15号の予想進路(13日12時現在)

 気象庁によると、12日午前0時ごろ、小笠原近海で熱帯低気圧が台風15号に変わった。13日は北西に進んだ。14日午後には九州南部や奄美地方に接近し、周辺海域はうねりを伴ってしける見通しだ。気象庁は高波や強風への注意を呼び掛けている。

 14日の予想最大風速(最大瞬間風速)は九州南部、奄美18メートル(25メートル)。波の高さは九州南部、奄美5メートル。年間でも潮位が高い時期に当たるため、高潮にも注意が必要だ。

 台風15号は13日正午現在、父島の西南西約330キロを時速約20キロで北西へ進んだ。中心気圧は996ヘクトパスカルで、中心付近の最大風速は25メートル、最大瞬間風速は35メートル。中心の北東側280キロ以内と南西側170キロ以内では風速15メートル以上の強風域となっている。

 気象庁は当初、台風15号は勢力を弱めて14日には熱帯低気圧に変わると予想していたが、九州接近後の16日ごろにずれ込みそうだ。

「産経WEST」のランキング