産経WEST

元日本兵の抑留生活、体験で学んで 旧ソ連の「ラーゲリ」再現 舞鶴引揚記念館30周年

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


元日本兵の抑留生活、体験で学んで 旧ソ連の「ラーゲリ」再現 舞鶴引揚記念館30周年

舞鶴引揚記念館に新設された「抑留生活体験室」=京都府舞鶴市 舞鶴引揚記念館に新設された「抑留生活体験室」=京都府舞鶴市

 シベリア抑留や戦地からの引き揚げに関する資料を所蔵する京都府舞鶴市の「舞鶴引揚記念館」は開館から30年の今年、収容所での生活を再現したスペースを新たに設けた。戦争を直接知らない若い世代にも体験してもらうことで、史実を伝えるのが狙い。

 昭和63年の開館後、年間20万人以上が訪れる時期もあったが、平成24年度には約6万9千人に落ち込んだ。27年には収蔵資料のうち570点が国連教育科学文化機関(ユネスコ)の「世界の記憶(世界記憶遺産)」に登録され、次世代への継承が課題となっている。

 今年4月に新設された「抑留生活体験室」は、手記や回想記を基に、旧ソ連により抑留された元日本兵らの収容所「ラーゲリ」の内部を再現。壁にシベリアから取り寄せた木材を使い、人形に着せた軍服や毛布も旧日本軍のもので、展示品には触ることができる。

舞鶴引揚記念館に新設された「抑留生活体験室」=京都府舞鶴市 舞鶴引揚記念館に新設された「抑留生活体験室」=京都府舞鶴市

続きを読む

このニュースの写真

  • 元日本兵の抑留生活、体験で学んで 旧ソ連の「ラーゲリ」再現 舞鶴引揚記念館30周年
  • 元日本兵の抑留生活、体験で学んで 旧ソ連の「ラーゲリ」再現 舞鶴引揚記念館30周年
  • 元日本兵の抑留生活、体験で学んで 旧ソ連の「ラーゲリ」再現 舞鶴引揚記念館30周年

「産経WEST」のランキング