PR

産経WEST 産経WEST

台湾の近代史を見つめる写真家、宋隆泉さんの「愛・恋・台湾攝影展」 東京・港区の台湾文化センターで開催中

Messenger

 約40年にわたって台湾の民主化の歩みや伝統文化、人物を撮影し続けてきた写真家、宋隆泉(そう・りゅうせん)さん(61)の写真展「愛・恋・台湾攝影展~台湾民主化運動の軌跡」が東京都港区の台湾文化センター( https://jp.taiwan.culture.tw/ )で開催されている。モノクローム写真を中心に、民主化運動に携わった人たちを撮影した写真など約150点を30枚のパネルに編集して展示している。宋さんは「民主化を達成した近代台湾の歴史や自然、まちの記録をたくさんの日本の人々に見てほしい」と話している。

 宋さんは、台湾東部の宜蘭の出身。幼いころから芸術家になることを志していたという。写真撮影の魅力にはまったのは20代前半のころ。写真をはじめたきっかけについて宋さんは「さまざまな表現手段を模索する中で、無数の瞬間をひとつひとつ切り取って記録に残すことができる点が自分の感性にぴったりとはまったんです」と話す。

 最初は、カメラを手に故郷の宜蘭南方澳をはじめ台湾の各地を巡り、港町、漁業・航海にゆかりのある道教の女神、媽祖を祭る宗教行事、牛市場、台湾オペラとして知られる伝統芸能の歌仔戯(かざいぎ)、阿里山ツォウ族の伝統祭といった歴史と自然に関連するテーマを被写体として選んだ( http://www.sankei.com/west/photos/180813/wst1808130007-p2.html )。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ