産経WEST

【ダム女性遺体】大阪の20代か、衣装ケース内の遺留品から 兵庫・加古川

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【ダム女性遺体】
大阪の20代か、衣装ケース内の遺留品から 兵庫・加古川

衣装ケースに入った女性の遺体が発見された兵庫県加古川市の権現ダム=11日午後 衣装ケースに入った女性の遺体が発見された兵庫県加古川市の権現ダム=11日午後

 兵庫県加古川市平荘(へいそう)町中山の権現(ごんげん)ダムで衣装ケースに入った女性の遺体が見つかった事件で、所持品などから亡くなったのは大阪市内に住む20代の女性とみられることが12日、捜査関係者への取材で分かった。県警は家族関係などから身元の特定を急ぐとともに、死体遺棄事件として捜査している。

 これまでの調べでは、女性の遺体は11日午前、ダム湖南側の岸から数メートルの湖面上に浮いていた半透明のプラスチック製衣装ケースの中から発見。ケースに結ばれたロープの先端には重りが付いていた。

 捜査関係者によると、ケースの中に残された複数の遺留品の中に、大阪市内に住んでいた可能性を示すものが含まれていたという。

 遺体の状況などから、女性は死後数日が経過しているとみられ、県警は12日午前から司法解剖を実施して死因などを調べている。

 ダム湖はJR山陽線加古川駅の北約7キロの山あいに位置し、現場は立ち入り禁止区域にもかかわらず連日釣り客が訪れている。

このニュースの写真

  • 大阪の20代か、衣装ケース内の遺留品から 兵庫・加古川

「産経WEST」のランキング