PR

産経WEST 産経WEST

【西論】「森友」国側不起訴 疑惑のブラックボックス化避けよ

Messenger

 検審や強制起訴という膨大な時間と労力を使う手続きによって起きかねない不利益さと、捜査機関の説明責任のバランスを考えるなら、検察は、案件によっては、一定の配慮をしながらも自らが積み上げた証拠と判断の根拠を丁寧に説明すべきだ。そして、検審の申し立てがあった「森友問題」は、そのケースだったと言わざるを得ない。   (社会部次長・真鍋義明)

関連トピックス

関連ニュース

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ