産経WEST

【夏の甲子園】愛工大名電、「超攻撃野球」に変貌 15安打10得点で大勝

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【夏の甲子園】
愛工大名電、「超攻撃野球」に変貌 15安打10得点で大勝

第100回全国高校野球 白山(三重)-愛工大名電(西愛知) 1回、白山・市川京太郎が安打を放つ=甲子園球場(榎本雅弘撮影) 第100回全国高校野球 白山(三重)-愛工大名電(西愛知) 1回、白山・市川京太郎が安打を放つ=甲子園球場(榎本雅弘撮影)

コールドきっかけ

 バントを多用してつなぐ野球を身上としてきた愛工大名電が豪打のチームに変身したのは、昨秋、同じ愛知のライバルの東邦や中京大中京に続けてコールド負けしたのがきっかけだ。

 倉野監督は「打ち勝つ野球でないと時代に取り残される」と危機感を強め、選手に「これからは『超攻撃野球』をやる」と宣言。送りバントをせず、各打者が安打でつなげる野球に切り替えた。

 2番打者ながら1本塁打を含む4安打3打点の西脇は「皆バントをやろうと思えばできるが、試合ではバットを振って打つことだけを考えている」と胸を張る。迷いなくバットを振っていく豪快な野球で、さらに上を目指す。(上阪正人)

「産経WEST」のランキング