産経WEST

【ダム女性遺体】目立った外傷なし 兵庫県警、死体遺棄事件で捜査

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【ダム女性遺体】
目立った外傷なし 兵庫県警、死体遺棄事件で捜査

 兵庫県加古川市平荘(へいそう)町中山の権現ダムで11日午前、20代くらいの女性の遺体が見つかった事件で、遺体に目立った外傷がなかったことが同日、兵庫県警への取材で分かった。県警は加古川署に捜査本部を設置。遺体の身元確認を急ぐとともに、何者かが遺体を遺棄したとみて死体遺棄容疑で捜査している。

 県警によると、11日午前8時35分ごろ、兵庫県加古川市平荘町中山の権現ダムで、釣り客の男性から「人が浮いている」と110番があった。警察官が駆けつけたところ、ダム湖南側の岸から数メートルの水面上に、衣装ケースに入った20代くらいの女性の遺体が浮いているのを発見。ケースは半透明のプラスチック製で、上部の蓋から足首が露出。ケースに結ばれたロープの先端にはおもりが付いていたという。

続きを読む

「産経WEST」のランキング