PR

産経WEST 産経WEST

新幹線長崎ルートで中村知事に協力要請 与党検討委

中村法道長崎県知事(左)に協力要請の文書を手渡す、九州新幹線長崎ルート与党検討委の山本幸三委員長=11日午後、長崎県庁
Messenger

 九州新幹線長崎ルート(博多-長崎)の与党検討委員会の山本幸三委員長は11日、長崎県庁で中村法道知事と会談し、整備方法が決まっていない佐賀県内の新鳥栖-武雄温泉に関して、フル規格かミニ新幹線による実現に向け協力を求めた。

 長崎ルートを巡っては、佐賀県が負担増となるとしてフル規格、ミニ新幹線いずれの整備にも難色を示している。中村氏はこの日、佐賀県の負担減につなげる財源として、JR側の施設使用料(貸付料)を十分に確保することが必要だとの認識を示した。

 中村氏は会談後、記者団に「長崎県が(佐賀の負担軽減分を)肩代わりするのでは、長崎県民に説明できない。国は財源について主体的な検討をするべきだ」と強調した。山本氏は、延伸計画がある北陸新幹線を念頭に「遅れないように取り組みたい」と述べた。

 

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ