PR

産経WEST 産経WEST

【夏の甲子園】外野席有料化に賛否の声 「子供は無料に」「混雑緩和」

Messenger

 第100回全国高校野球選手権大会は兵庫県西宮市の甲子園球場で開催されている。主催する日本高野連は今夏の大会から、無料開放していた外野自由席を有料化。入場を待つ列の混雑が深刻で、転倒事故などを防ぐための警備費用増加などが理由だが、観客からは賛否の声が上がっている。

 外野自由席は大人が500円、4歳から小学6年までの子供が100円になった。東京都足立区の男性(74)は「『お金を払ってでも見たい』という人だけが来るようになる」と歓迎。一方で、子供2人を連れて観戦した兵庫県姫路市の女性(43)は「せめて、子供は無料にすべきでは」と疑問を呈した。

 外野席での観戦はこれまで、入場券を購入する必要がないため、早朝から入場門付近に多くの観客が集まっていて、危険だった。有料化したことで、券売所周辺に警備を集中しやすくなったという。日本高野連の竹中雅彦事務局長は「昨年までとは全く状況が変わった。有料化したことで、混雑緩和に成果があった」と語った。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ