PR

産経WEST 産経WEST

【夏の甲子園】報徳・小園が大会タイ1試合3二塁打 「次の試合は全部打つ」

第100回全国高校野球 報徳学園(東兵庫)-聖光学院(福島)8回、報徳学園・小園海斗が今日3本目の二塁打を放つ=甲子園球場(鳥越瑞絵撮影)
Messenger

 第100回全国高校野球選手権大会第7日は11日、甲子園球場で行われ、2回戦の第3試合は、8年ぶり出場の報徳学園(東兵庫)と12年連続出場の聖光学院(福島)が対戦。今秋のドラフト候補の報徳学園の小園が大会記録に並ぶ1試合3本の二塁打を放ち、3-2で接戦を制した。

 1番打者の小園は一回、三回、八回と二塁打を放って、全て本塁に返って得点。大車輪の活躍を見せた。

 遊撃手で昨年はU18代表としてW杯に出場しており、今大会注目の選手だ。試合後のインタビューで「絶対に負けられない試合で、強い気持ちで臨みました。きょうは1打席だけ三振したので次は全部打ちたいたいです」と語った。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ