PR

産経WEST 産経WEST

【夏の甲子園】明石商1年生右腕大きな経験 監督「よく投げた」

明石商-八戸学院光星 10回表八戸学院光星2死一、二塁、中村が左前打を放つ。左翼手の失策で二走が決勝の生還。投手中森、捕手山本=甲子園
Messenger

 第100回全国高校野球選手権大会第7日は11日、甲子園球場で1回戦が行われ、第2試合は初出場の明石商(西兵庫)と2年ぶり出場の八戸学院光星(青森)が対戦。明石商が延長戦の末、8-9で競り負けた。

 明石商は6点差を追いつきながら最後はあと一歩及ばず、夏の甲子園での初勝利に届かなかった。3番手で登板した1年生右腕の中森は、苦くも大きな経験を持ち帰った。

 東兵庫大会での登板は打者2人のみ。中森は、狭間監督が甲子園入りしてから「いつか投入したいと思っていた」と心に温めていた秘密兵器だった。

 8-8の八回2死一、三塁で登板し、走者の盗塁死でピンチを脱すると、九回は、この日2本塁打を放っていた4番東から空振り三振を奪って三者凡退。堂々のマウンドさばきをみせた。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ